オンラインでプレイするビデオスロット

ビデオスロットは、ベラジョンカジノのようにパソコンやスマートフォンでプレイするオンラインカジノのひとつの形です。非常に数多くの種類がいくつもの会社から提供されていて、複数のオンラインカジノサービスであっても、ビデオスロットは共通しているところは多いです。

ビデオスロットにはいくつかのプレイスタイルがありますが、基本は現実世界のスロットと同じです。縦に流れるリールを止めて、シンボルマークを揃えていく形です。ただスロットとは異なりそれぞれのリールを止めるボタンがなく、全てコンピュータがランダムでストップさせます。そのため目で見てシンボルを狙うというテクニックを使用せずに済みます。リールを回すためにはスピンボタンを押し、登場したシンボルが揃うかどうかを見守ります。

操作は非常にシンプルなので、コンピュータに任せるオート機能が付いているビデオスロットも多いです。オートではあらかじめ設定しておいた回数や金額に達するまで、全て自動で進めてくれます。そのため毎回マウスをクリックする手間が省けて、片手間にでも楽しむことができます。そして設定によって、チャージした分を全て使いきってしまうということもありません。

またビデオスロットは演出の柔軟さが特徴なので、ただリールが回転するものばかりではありません。パズルゲームのようにシンボルが落ちてきて、それが揃えば配当に繋がるというスタイルもあります。落ちもの形式だとコンボを狙うことも可能なので、爽快感を求める人に適しています。基本的に揃えたシンボルは何らかの動きをして、特別感を演出します。映画などの映像作品とコラボレーションしているものも多く、その場合はシンボルにちなんだシーンが流れることもあります。

ビデオスロットの醍醐味はその動きのある演出で、爽快感やキャラクターのビジュアルなどもモチベーションに繋がります。奥のビデオスロットはプロモーションビデオを提供しているため、大体の雰囲気は掴むことができます。そしてあらかじめどのようなプレイスタイルなのかを、無料で確かめることができるものも多いです。無料なので特別な手続きは必要なく、専用のページに行くとすぐにスピンを始められます。そのため気になったものがあれば、とりあえずサンプルプレイを探してみると良いでしょう。

ビデオスロットにはほぼ必ずペイラインという基本の当たり線が設定してあり、その形に同じシンボルが並べば役が成立して配当が手に入ります。そしてシンボルにはそれぞれ、ペイラインに入った時のレートが決められています。シンボルは大体半分くらいが、ビデオスロットのテーマに合ったもので、残り半分がおまけのような扱いになります。もちろんテーマ性のあるシンボルの方が配当が高いため、それをハイシンボル、それ以外をローシンボルと呼ぶこともあります。またシンボルの中にはほぼ必ずワイルドが含まれ、どの役にも使用することができます。非常に使い勝手が良いため、ビデオスロットの鍵を握っていると言っても過言ではありません。

ビデオスロットをプレイするのであれば、覚えておかなければならないことがいくつかあります。そのひとつがどれだけベットをかけるかということで、必ず固定された額を使用しなければいけないというビデオスロットはまずありません。1回当たりのコインにいくらを設定するかは、プレイヤー側で決めることができます。それをコインバリューと呼び、1回分スピンさせる1枚のコインの額という考え方です。設定できる額は0.1ドル程度の細かなものから100ドルといった大勝負まで、様々な遊び方に対応しています。そしてペイラインは大体20本から30本程度ありますが、その全てに賭けるのが基本です。

したがって最少額が0.1ドルだとしても、それはあくまでも1本のペイラインに対してということになり、0.1ドルをコインバリューにすることはできません。1回分のコインバリューは設定した金額とペイラインの数を掛けあわせたものになります。最少額が0.1ドルでラインの数が25本あれば、コインバリューの最低は2.5ドルです。またラインごとの倍率はベットレベルというもので変更でき、1だと最少で2にするとペイライン分全てが倍になるという風に増えていきます。つまりコインバリューの設定次第で、ハイリスクハイリターンとローリスクローリターンを自由に変えられるわけです。そのためビデオスロットを選ぶ際は、ベットレベルとコインバリュー、そしてペイライン数に気を付ける必要があります。

ビデオスロットの中にはオンラインに接続できることを利用して、ジャックポットと連動しているものもあります。特定の条件を満たすと他のプレイヤーが賭けた分も、配当になるという非常に大きなリターンです。ただ現実世界でのカジノと同じように、ジャックポットに当たる確率は非常に低いです。そのため当てた人はただ運が良いという表現では済まないほどです。つまり楽しみながら狙う場合には問題ありませんが、利益として狙うのであれば適切ではありません。

もし安定してプラスにしたい場合は、逆にジャックポットがない種類を選んだ方が良いです。その際にひとつの基準となるのは、ペイアウト率という数字です。ビデオスロットはもちろん利益を出すためのものなので、プレイヤー全体で見ると必ずマイナスになるようになっています。それは現実世界でも同じで、そうでなければカジノは成り立ちません。しかしそのマイナス分を抑える工夫はできます。その際に使用するのがペイアウト率で、100%だと収支ゼロの状態です。そしてどのビデオスロットでも、この数字は出されています。あくまでも確率に過ぎませんが、安定して利益を出すためにはより多いところを選ぶと良いです。

演出が楽しめる内容であれば、ただリールを回転させているだけでも十分かもしれません。しかしほとんどのビデオスロットでは、ボーナス要素が用意されています。確率は全体的に低いですが、より高い配当を手に入れられるチャンスです。基本はフリースピンという特殊なプレイで、文字通りコインを支払わずにスピンをすることができます。画面も特別なものに変わり、数少ないチャンスの緊張感を高めます。またフリースピンは通常のプレイと比べて、ワイルドが多かったりシンボルが特殊な消え方をするなど、役が揃う可能性が高くなります。

また回せる数も1回ではなく10回前後が多く、内容次第では増やすことも可能です。そのため一度突入すると、何らかのプラス効果が働くと考えて良いでしょう。ではフリースピンにどうやって突入するのかというと、多くのビデオスロットではスキャッターというシステムが導入されています。通常プレイでペアラインを揃えるものとは別に、スキャッターシンボルが低確率で出現します。それを大体3つ揃えるとフリースピンに移れる場合が多いです。

ビデオスロットはもはやオンラインカジノの顔と言える程の規模で展開していて、定番のゲームと並ぶ勢いがあります。そのため種類が多く、いくつもの選択肢の中から自分に合ったものが見つけやすいです。カジノに慣れていない人でも簡単に始められるという特徴もあるため、気になった場合はのめり込み過ぎない程度の気軽さで試してみると良いでしょう。コインバリューの設定次第では、予算面の負担にもなりにくいです。