日本は競馬などの公営ギャンブルとパチンコやパチスロなどの民間運営のギャンブルが共存している国ですが、これまでのカジノだけは認められてきませんでした。これはやはりラスベガスのように街全体が、カジノとなってしまうイメージが先行しているからです。ラスベガスは世界でも有数の娯楽施設であり一見華やかな街並みをしていますが、実際にはアメリカ国内でも特に犯罪率の多い地域です。そのイメージは、なかなか払拭することができません。現在日本ではカジノ法案が成立し、この数年以内にカジノの建設が行われますがラスベガスのイメージがあるため建設予定地からの反対意見が続出しています。実際には国産のカジノができるまでにはまずこの悪いイメージを払拭し、日本のは安心安全であると世界中に示さなければ、高い壁は登れません。

現在日本人が手軽にカジノを楽しむ媒体として、オンラインカジノがあります。日本のパチスロのような遊びができるビデオスロットは、特に人気でパソコンやスマートホンさえあれば自宅でも外出先でも遊べます。ハワイアンドリームは特にビデオスロットが取りそろえられている会場です。ハワイアンドリームには、ビデオスロットの古い機種から新しいものまであり、初心者から玄人まで広く利用者が増えています。ハワイアンドリームのビデオスロットは現在、クリスマスバージョンとなっており、期間限定演出も楽しめたりボーナスにも力を入れているので特にこれからオンラインカジノを始めようと考えている方が入りやすいです。ハワイアンドリームのクリスマスバージョンは、あくまでも期間限定のサービスとなりますので、今しか体験できない経験をされてはいかがでしょうか。