絵文字プラネットは6×5のフィールド上に、名前の通り絵文字のシンボルが落下してくるタイプのビデオスロットです。全部で8種類あるシンボルは、とりあえず5つ繋がった状態になればスロットのペイラインとして成立します。そして揃ったシンボルはビデオスロットの演出と共に消滅して、新しいシンボルが補充されます。その後もシンボルが5つ繋がる状態になる限り連鎖が続きます。1回の中で連鎖の数が多ければ多いほど配当の数字も上がっていきます。絵文字プラネットをプレイする際にはコインバリューを0.01から1に、ベット幅を0.20から200にまで変更できます。さらにベットレベルも1から10まで幅広いので、色々なプレイスタイルで楽しめます。またプレイは毎回スロットのスピンボタンを押す以外に、自動設定もできます。上限は10回から1000回までの8段階と幅広く、見ているだけで勝手に進みます。スロットで遊ぶ際には確率を意識してプレイしてみましょう。

絵文字プラネットに8種類あるシンボルの内5つは特別な役割を持っていて、5つ揃えると右側にあるゲージがそれぞれ貯まっていきます。それが一定数に達すると、異なるボーナスが発生します。爆弾だとシンボルをランダムに破壊し、ピザは9×9をピザシンボルに変化させます。キスマークだと後のスピンも含めて3回使用できるワイルドが発生し、ロケットは縦の列にワイルドを作ります。そしてダブルハートのシンボルは、マルチプライヤーを増やします。それぞれビデオスロットらしい演出が入り、効果もシンボルを元にしたアクションです。逆に絵文字プラネットにはビデオスロットには付き物のフリースピンがありませんが、その分が落下による連鎖が充実に充てられていると考えて良いでしょう。