ビデオスロットのビッグ・バッド・ウルフは、3匹の子豚をモチーフにしたスロットです。5×3のフィールドに設定された、25のペイラインのどれかを成立させると配当となります。そして回転式のビデオスロットではなく落下式となっているため、ペイラインが成立したシンボルは消えて、その分新しいシンボルが補充されます。なので定番の回転式スロットと比べると、1回のスピンで連続ペイライン成立が発生する確率が高いのが特徴です。メインシンボルは子豚で、それ以外はトランプの10からAまでが5種類使用されています。そして子豚の配当が高く設定されていて、トランプシンボルの倍以上あります。ビッグ・バッド・ウルフは子豚のシンボルがワイルドに変わることができるのが特徴で、ペイラインをいくつか成立させるとその変化が起こります。落下式のシステムと元からある蜂の巣ワイルドと組み合わせることで、さらに連鎖が望めるビデオスロットです。

ビッグ・バッド・ウルフでフリースピンに突入するためのスキャッターはオオカミシンボルで、3つ登場すると成立します。プレイヤーはオオカミの立場になって、子豚の家を壊すことを目的としてスピンしていきます。スピンは基本的に10回ですが、フリースピン時には月のシンボルが登場し、その数に応じて増えていきます。月が3つだと2スピン追加で、6つだとそこにマルチプライヤー上昇が加わります。運が良ければ長時間続けられます。他のビデオスロットと同じように当然フリースピンの方が配当が高くなる確率があります。そのためオンラインカジノで稼ぐにはおすすめです。そのため子豚をサポートしながらオオカミになって襲う立場を望むという、2面性を楽しむことができるのがビッグ・バッド・ウルフの醍醐味です。